愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ─
歴史を超えて英傑が現代に復活し内閣を結成し国難に当たる、映画化でも話題の「もしも徳川家康が総理大臣になったら」の作者である眞邊明人が、歴史に学ぶ現代の組織のありかたや、人材登用について語ります。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ─
歴史を超えて英傑が現代に復活し内閣を結成し国難に当たる、映画化でも話題の「もしも徳川家康が総理大臣になったら」の作者である眞邊明人が、歴史に学ぶ現代の組織のありかたや、人材登用について語ります。


スケジュール

2月28日 (水) 17:00 – 19:00 (16:50開場)
Zoomによるオンライン開催

プログラム

主催者挨拶 ─

エン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 鈴木 孝二

    

講演 ─

ベストセラー「もしも徳川家康が総理大臣になったら」の作者が語る
英傑に学ぶ人材登用と組織論

ベストセラー「もしも徳川家康が総理大臣になったら」の作者が語る
英傑に学ぶ人材登用と組織論 

  • 織田信長のOODAと人材登用
  • 豊臣秀吉のPDCAとM&A戦略
  • 徳川家康の「成長しない」ことによる「成長戦略」
  • 生類憐みの令に見る徳川綱吉の苛烈な「風土改革」
  • 「凡人」坂本龍馬の選ばれる理由・発想力より調整力
  • 織田信長のOODAと人材登用
  • 豊臣秀吉のPDCAとM&A戦略
  • 徳川家康の「成長しない」ことによる「成長戦略」
  • 生類憐みの令に見る徳川綱吉の苛烈な「風土改革」
  • 「凡人」坂本龍馬の選ばれる理由・発想力より調整力

登壇者
眞邊 明人  まなべ あきひと
株式会社エクスパンド代表/脚本家/小説家/作詞家/演出家

1968年生まれ。同志社大学文学部卒。大日本印刷勤務を経て、1997年に吉本興業入社。木村政雄のもとで主に新規事業を手がけ、年商20億円を超えるビジネスに成長させる。2002年、吉本興業を退社し、独立。
現在は、株式会社エクスパンドの代表として、作家活動に加え、エンタテイメント事業と教育事業を展開、活動中。

著書に『もしも徳川家康が総理大臣になったら』(サンマーク出版)『タレント力』 ダイヤモンド社『90秒で勝つビジネス演出トレーニング』 ソフトバンククリエイティブ『人望とは何か?』(PHP新書)など多数。

※講演テーマは変更となる場合がございます

    

Q&Aセッション ─

事前質問やアンケートチャット機能を活用したリアルな参加者の声に、
事例を交えながらお答えいただきます。

   

エントリー